ぜんそくの原因はハウスダストだった

私の小児ぜんそくの原因の一つに、ハウスダストがあります。

特に布団や毛布をバタバタしたとき、小児ぜんそくの発作が出ていました。
鼻水が出たり、のどの中がかゆくなったり、ひどいときは咳がとまらなくなってゼーゼーとぜんそくが出ていました。

当時はハウスダストなどそういう情報も少なく、今になって感じることですが、家の中のダスト(ホコリ)が原因だったようです。

ハウスダストとはどういうもの?

ハウスダストと言っても色々あります。
空中に舞うような繊維だったり、ダニやダニが出す排泄物やダニの死骸、外から入り込む花粉、人から出る汗やふけなどの老廃物。人は寝ている間、500mlのペットボトルほどの汗をかくそうです。布団も干さないと、カビまで繁殖します。

人間の老廃物や食べ物のかすなどを食べて繁殖するダニ・・・
このダニやダニの死骸が子供たちのアレルギーを引き起こし、小児ぜんそくの
原因にもなっているようです。

ハウスダストを掃除機でこまめに取り除き、布団を干すことでダニを追い払いましょう。ハウスダストのたまりやすい、リビングなどの絨毯も、こまめな掃除が必要です。

私と娘だけに出るアレルギー

ただ、当時は私だけに喘息が出て、他の家族には一切出ていなかったので、ハウスダストに対して、私だけアレルギー反応が強かったと思われます。ちなみに、今では寝室に4人で寝ていますが、寝ている時にくしゃみが止まらなくなるのは、うちの下の娘だけです。どうやらハウスダストかダニに対して、アレルギーをもっているようです。

それはそうと、私が小児ぜんそくを発症していたころ、引っ越しをしたことがありましたが、パタリとぜんそくが無くなりました。

成長して小児ぜんそくが終わるころだったのか、家の環境も変わったためにアレルギーが出なくなったのかは、今となってはわかりません。

原因はハウスダストでは無いかも

掃除や寝具を替えるだけでは対処できない、家の中や外の環境が原因という事もあるかもしれません。以下のような要因もあります。

シックハウス:建築技術が高まって、気密性が高い住宅に住めるようになって(昔は隙間があり自然と換気が出来ていた)家の中の溶剤にアレルギーの反応が出てしまい、ぜんそくを起こしてしまう。

工場や車両の排気ガス:工場や交通量の多い道路に面した家に住んでいると、排ガスによって小児ぜんそくなどの患者が多いという統計がある。

色んな原因となるものを、一つ一つつぶして解決していくことが、ぜんそくを完治する事へとつながるでしょう。

スポンサーリンク